Big Surに乗り換えた時にやったこと

VS-codeにフルディスクアクセスの許可を追加

MacVimがチカチカなって使えなくなっていたので、設定から「Core Textレンダラを使用する」のチェック

カーソルの表示部分がなんかおかしい気がするし、使っていたMacVim-KaoriYaが数年メンテナンスされていないこともあり素のMacVimに乗り換え。
brew install macvim
ln -s $(brew –prefix macvim)/MacVim.app /Applications

localhostがIt works!になる。
自動起動を確認
sudo launchctl list | grep httpd
Mac標準のapacheを自動起動しないよう設定
sudo launchctl stop /System/Library/LaunchDaemons/org.apache.httpd.plist

Finderにつけていた、「新規テキスト作成」「ターミナルを開く」が動かなくなっていたので再設定。
Automatorで作ったアプリをFinderのヘッダーバーに設定。
ついでにアイコンがBig Surに合うように作り直して、設定。(情報を見るの左上にあるアイコン画像をクリックしてクリップボードから貼り付け)

VeraCyptが動かない→設定からmacFUSEのアップデート→再起動→VeraCript→セキュリティで許可→再起動

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントを残す

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA