Apacheの設定が変わってしまった時のチェック箇所

macportsのアップグレードの影響だと思うが
localhostを開いたら

It works!

というApacheのデフォルトの表示が出て愕然。
設定をしばらく触っていなかったので、どこをいじればよいか探すのに苦労した。

ps -a | grep httpd

などで動いているhttpdを探し、

httpd -V

参照しているhttpd.confの箇所がわかるので
それを書き換えれば解決。

ちなみに
/opt/local/sbin/httpd
で動いてるconfファイルが
“etc/apache2/httpd.conf”
だった時のパスは
/opt/local/etc/apache2/httpd.conf
だった。

(追記)
Catalinaになってからはここだった
/usr/local/bin/httpd
/usr/local/etc/httpd/httpd.conf

(追記)
さらに変わってここに。
/usr/sbin/httpd
/private/etc/apache2/httpd.conf
sudo httpd -k restart

(追記)
↑上記はMac標準のに戻っていただけで、署名がないとライブラリが動かないなど不具合があったので
homebrewで入れたapacheを起動するように戻した。

/usr/local/bin/httpd
/usr/local/etc/httpd/httpd.conf

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントを残す

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA