テストツールのseleniumを使ってみた

広島システム開発者勉強会で、テストツールのseleniumを使ったのでPHPの部分をメモ。

機能として、1つはFirefoxのアドオンとして、操作した動きを記録してボタンひとつでそれを再生できる。selenium downloadのIDEをクリックしてアドオンを入れるだけ。後はツールから開けば専用ウィンドウが出る。

もう一つは操作の動きをプログラミングできる。大量の条件をループさせる時などに便利。javaのサーバープログラムを動かした上で、PHP(など)で書いたテスト動作のスクリプトをコマンドプロンプトから実行する。

下準備。

PEARを最新にする。
pear upgrade PEAR

PEARのPHPUnitを入れる
pear channel-discover pear.phpunit.de
pear install phpunit/PHPUnit

先ほどアドオンを入れたのと同じselenium downloadから、Selenium RCをダウンロード。

解凍し、中に入っている
selenium-server-x.x.x/selenium-server.jar
をどっかわかりやすいトコに置く。そのままでも良い。

こっから動作。まずseleniumのサーバーを起動。コマンドプロンプトを開き、上記ファイルを実行。
java -jar selenium-server.jar
例)java -jar C:\htdocs\selenium-server-x.x.x.\selenium-server.jar

PHPでのテストコードのサンプルを作るには、FirefoxのツールからseleniumのIDEを起動して、何か適当に動作を覚えさせた後記録を停止し、
「オプション」「フォーマット」「PHP」にするとPHPコードができる。これが先ほど記録した動作をPHPで表したもの。これをどこかに保存。test.phpとか。

phpunitが動く場所(c:\xampp\php\ とか)で先ほど保存したテストコードを実行。
例)phpunit c:\test.php

これでコードで指定したブラウザが立ち上がり、テストが実行される。後はテストコードを好きなように書く。

(オマケ)下記のエラーが出て、原因がわからなくて調べるのに苦労したけどテストコードのパス間違ってただけだった。
Argument #1 of PHPUnit_Utill_Fileloader:checkAndLoad() is no existing file

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA