puppy linuxで設定ファイルを変更したせいで起動しなくなった時の対処

旧WindowsXPの古いパソコンを動かすために
USBメモリに入れてbootしているpuppy linuxと格闘中。

起動に関係のある設定ファイル
/etc/inittab
を変更したら起動しなくなって焦った。

puppyのデータの仕組みがまだわかっていなかったのだけど
bootするUSBメモリに入っているprecisesave.4fsというファイルが
起動の度にPCに書き込まれて設定ファイル群として動いている様子。

設定ファイルinittabはその中に入っているようで
Macなどから修正しようとしてもできなかった。

結局、CDブートでpuppyを立ちあげた上で
precisesave.4fsをダブルクリックするとマウントされて
中身を見ることができ、編集できて元に戻せた。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントを残す

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA